ドイツのライ麦パン

ドイツは、小麦の生育には、気温が低すぎるという特性が多く見られ、小麦の代わりにライ麦をよく栽培しているようです。

日本ではライ麦は、一言で「 ライ麦パン」などとして知られていますが、ドイツでは、100%のライ麦パンや、小麦粉などを様々な割合で混ぜ合わせた、多種多様なライ麦のパンがあるようです。

このような土地柄から、ドイツ人はライ麦を普段から多く食べているようです。ライ麦には、独特な酸味と芳醇な穀物の味わいがします。サンドイッチなどにもよく用いられ、多種多様なハムやスモークサーモンなどが具として、チーズなどと合わされ 人々の日常食となっているようです。

栄養素としては、小麦粉から作られたパンと比較すると、 ビタミン類やミネラル成分が豊富に含まれ、食物繊維がも多く摂取できるようです。

ライ麦パンは、野菜を多く摂取する習慣のないドイツ人にとって、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素を摂取することのできる大切な穀物です。ドイツ人にとって、ライ麦は、まさになくてはならない食材であるようですね。

私たち日本人には、ライ麦は、比較的、馴染みの薄いものですが、口の中に入れた時の味わい深い酸味が、クセになるということで、あえて好んで食べている人もいるようです。ライ麦に含まれる豊富な栄養素を考えますと、健康食品として、あえてライ麦パンをチョイスすることも健康の秘訣となりそうですね。

       

 海外を巡る! Pirates production-TOP

Author

admin@piratesproduction.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です