ドイツのアドベント

ドイツ人の家庭の食卓には、ハムやソーセージの盛り合わせが主として登場します。

ドイツ人の暮らしや文化には、ハムやソーセージなどの豚肉の加工が、大変身近なものとなっています。ドイツの人々は、魚よりも多くの肉を食べ、主食としてパンやじゃがいもなどを多く好んでいるようです。

果物は特に、りんごが好まれ、キリスト教の普及などで、多くの人は金曜日には、特別に肉を食べることを避け、魚を食べる風習があるようです。

ドイツ人は、大変食事のマナーに厳しい面があり、食事の前のお祈りや食事中の、食べ物の食べ方、フォークやスプーン、ナイフの使い方、椅子の座り方などにも厳しいマナーを設けています。

これまでの伝統的なドイツの人々は、多くの野菜や魚などを食べる習慣はなく、その代わりとしてお肉をたくさん食べていたようです。ですが現代的な生活の中で、多くのドイツ人に肥満などの問題が指摘され、最近では魚や野菜を多く摂取するようになってもいるようです。

ドイツの人々は、12月のクリスマスの時期を大変重要なシーズンとしてお祝いをします。クリスマスのお祝いは、クリスマスの日から4週間前を「アドベント」とよび、クリスマスであるキリストの誕生日までの日々を、毎日心を込めて待ちわびます。ドイツには、ドイツ菓子として有名なお菓子のシュトーレンと呼ばれるクリスマス用のお菓子があります。

シュトーレンは、ドライフルーツをたくさん入れて焼いたお菓子なのですが、たくさんの粉砂糖がかけられ保存食として2ヶ月ほどは日持ちがするそうです。

焼きたてよりも日にちをおいた方が、全体的に味がなじみ大変美味しいと言われています。12月24日のクリスマスには、家族揃ってお祝いなどをします。クリスマスの時期は1月の6日まで続けられるそうです。

       

 海外を巡る! Pirates production-TOP

Author

admin@piratesproduction.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です