イタリアのパニーニ

「パニーニ」は、イタリアで作られる軽食の1つであります。

伝統的なイタリアのパンのに、生ハムやチーズ、スモークサーモン、野菜などをハサミ込み、網目のついた特殊な器機で、具をハサミ込んだパンの外側の表面を軽く焼き色を付けます。

最近は、日本でも人気のパニーニですが、ホットサンドと混同している人もいるようです。どちらも温かいサンドウィッチではありますが、パニーニは、イタリア料理でもありますので、イタリアのパンや原料を使う事が多く、焼いたパンの表面に、焼き目としてストライプ状や網目の焼き目が付く事が特徴であります。

特に特殊な器機を使用しなくともフライパンなどを使って作る事はできますが、日本では、そのような温かいサンドウィッチを、「ホットサンド」などと呼び訳をする事が多いです。

本場イタリアでは、「パニーニ」ではなく、「パニーノ」などと呼ばれているようですが、元は、複数系と単数形の呼び分けであるようです。

イタリアの軽食として、世界各地でパニーニは作られているようですが、各国々の人々が、その国々の好みのアレンジを加えてえ作っている為、パニーニと呼ばれるサンドウィッチの中身の具の限定は行われていませんが、基本としてはパニーニには、一般的なサンドウィッチやハンバーガーに使用されている調味料として、マヨネーズやケチャップ、マスタードなどは使用されていないようです。

       

 海外を巡る! Pirates production-TOP

Author

admin@piratesproduction.net